企業での採用が増えるWebメール

企業での採用が増えるWebメール

Webメールとはかなり昔からあるサービスですが、最近になって企業での採用が急激に伸びています。

その背景には、メールを利用したウイルスや、それを用いたスピア型フィッシングといった攻撃の横行があります。

iPhone7の在庫情報が絶対見つかります。

これらの攻撃によって発生する情報流出は企業の存続を左右するほどの影響を与え、最近では社会問題として広く認識されています。
従来のメールシステムとそれを利用するためのメールクライアントは、メールの内容と添付ファイルを自動的にダウンロードし、利用者がそれを開いたり実行したりといったアクションを起こしてしまえば、それが悪意あるプログラムであった場合、即座にシステムに感染、あるいは侵入を許すことになってしまいます。一方でWebメールはブラウザの上で実行され、添付ファイルを開く際にもアクションを起こしてから一度ローカルのフォルダへダウンロードすることとなり、その際にブラウザのセキュリティ機能とセキュリティソフトの二重の関門を抜ける必要がありセキュリティが高まります。

また、そもそも手動で行わない限りダウンロード自体が始まらないため、メール利用の社内ポリシーとして添付ファイル機能は使わないと決めておけば事故の発生率も大きく軽減できるのです。

また、セキュリティに関するメリット以外にも、クラウド的な利用ができるという点も大きいのです。

Webメールはブラウザさえあれば特定のソフトウェアも、特別な設定も必要なく、セキュリティポリシが許すならばネットカフェのパソコンからでも簡単にメールが閲覧できます。


OS(基本システム)への依存もほとんどないため、最近普及している携帯端末との相性が抜群という点も大きいでしょう。

シンクライアントからのアクセスも容易であり、ローカルに一切データを保存しないシンクライアントを業務で用いる際にはWebメール以外に選択肢はないでしょう。

お手軽のJCASTニュースを検索してみてください。

そしてWebメールシステムはネットサービスとして提供されるため、アウトソーシング化してWebメールシステムを有償で利用契約を結ぶことによりリスクの移転も行うことができます。
今後Webメール利用の流れはさらに加速していくでしょう。



Copyright (C) 2016 企業での採用が増えるWebメール All Rights Reserved.